蜜柑と猫

痛い厨二病

しばらく更新がなかったブログが、急に活発に(それこそ1日1記事、ぐらいの頻度で)投稿を始めると、セミって死ぬ前が一番五月蝿いんだよね、って思い出す。

絶え間ないの。

いつかインターネットのどこかで聞いた気がする曲を頭の中で再生してみるけれど、その先が思い出せない。ぷつりと切れた音楽は、僕を情動的な温度差で、絶え間ない悲しみに暮れさせるの。その事だけに貢献して、その先は死ぬまで空っぽ。思い出せずに切れた…

夏を捕まえて。

季節が僕の体を通過して、熱が僕を生きたまま焼いていく。季節に適応できない僕の体は、季節が過ぎ去っていく速さが眩しくて、手を伸ばしても捕まえられなくて、また僕の体を季節だけが通過する。季節があんまり早かったから、僕の体は季節を捕まえられなく…

心がカサカサ。

心がカサカサに乾燥しきっていて、人を好きになるのは、だれかに依存するのは心にリップクリームを塗るようなものなのだけれど、すぐに剥がれてしまうんだよね。人を好きになることは多々あっても、好かれることというのがない。

胃が空っぽ。

胃が空っぽで、すっからかんで、早く満たされたいと思うんだけど、でもこの空っぽでいることの気持ち悪さはどうしようもないんだよね。この空っぽですっからかんの人生と同じように、この空白を満たせるものはなにもない。

冬はまだ終わらない。

毎年この季節になると二年前を思い出すし、素敵な思い出なんて思い出してもいいことはないのだけど、その時の僕にはまだ熱があったと思うと悲しくなる。時々こんなもの下らないと大きくため息をつくけれど、諦められないような事はどう頑張っても諦めは付か…

楽しいことの裏。

楽しいことを手にしても、楽しいことを目にしても、それでうまくは遊べない。それがきっと楽しく無いことを知っているからで、楽しく無いことのフィルターとバイアスがかかった僕の世界観では、楽しいことなんて、あるはずがないので、コインの裏と表みたい…

心が宿っていないからしょうがない。

憂鬱な気分の中で少しでも明るくて楽しいことをしよう、素敵になろうと決心するけれど、とうの昔に僕の回りからは素敵なことというのは無い。心が宿っていないからしょうがない。乾いた音を立てて行ったり来たりするテキストカーソルが、戻ってくるたび僕を…

努力が報われる。

僕の人生において報われたことのある努力と言えば、ちょうど今日みたいな寒い日に震えながら灯油を買いに行ったことぐらいだけれど、人生はストーブの暖ほどにわかりやすく、明確な形で努力が返却されるわけではなく、そうでなくともそれ以上の努力をしたこ…

ここは東京。

人間がコンピューターに勝てなくなってから、もう随分と経つけれど、僕は今だにその現実を認められそうにないし、向き合えないでいる。 数年前のDreamhackという、お祭り的なゲームイベントにおいて、プロゲーマーvsコンピューターがコンピューターの圧勝に…

ブログを書いたんだけど。

ブログを書いたのに過去の記事と一緒にうっかり消してしまって泣きそうになる。過去の記事の方はもう半年以上前の記事だったと思うから別にどうでもいいんだけど、さっき書いたばかりのできたてほやほやのブログ記事がなくなってしまって悲しい。

胃液が僕を焼いている。

不満不平を漏らすように、ため息ばかりをついている僕の体は、焼けるように胃液が熱い。そもそも胃液なのかもよくわからない。身体中の水分が僕を蝕むような、そんな感覚がする。いつかどこかでこの感覚を覚えた気がする。気だるさにやつれ、嫌なことばかり…

思い出なんて悲惨であればあるほど良い。

横になっていると訳もなく眠たいし、眠たくなると訳もなく体が動かない。とは言っても動かすつもりもないので、このまま寿命を迎えれば良い。こうしていると何か昔の素敵な記憶を思い出しそうになって、必死にそれに手を伸ばしてみるけど、思い出したのは素…

僕の人生にまだ僅かな展望というのが残されているとするなら、どこかに置いてきた夢の残骸を掻き集め、僕は違う、まだ違うと唱えながら今日だってビデオゲームにうつつを抜かす。そんな夢をいつかどこかで見た気がする。僕はまだ夢見ている。

始めて頑張ろうって思ったいくつかのこと。

人生を誤魔化し続けて来た僕は、始めて頑張ろうって思ったいくつかのことに対しての態度も常に悪い姿勢であり、 それは頑張ろうという気持ちこそあれ、頑張れる理由があるだけの苦行だった。昨日っていうのはそういう日だった。僕にとって、昨日っていうのは…

何年経っても僕は死なない

数時間後の自分、いやあるいは数十分後の自分すらも信用するというのは難しいのに、明日の自分なんて人のことを誰が信用できただろうか。寝ても起きても僕は僕なのに、昨日僕が期待した明日の僕ほどではなかった。考えてみれば、そりゃあ、そうだよね、たっ…

懸命に

屁理屈大好きな論拠を求め続ける僕たちは、何事においてもやりたくないことにははっきりと、いや気だるく「ノー」と言い、めんどくさいことにははっきりと、気だるく、消えいるような声で「ノー」と主張し続けてきた。生きるのに不真面目すぎた僕たちが、死…

時間が経てば

時間が経てば人は変るし、環境や周囲のことも違ってくるけれど、僕は未だに違う景色を見れそうにないし、環境を変えるには人が変る必要があるが人を変えるには環境を変える必要がある。何度目を覚ましても僕と環境は昨日と同じもので、そこに期待しているこ…

頭が痛い。

午後3時ちょうどに目が覚めて、信じられないぐらい頭が重くてびっくりした。とりあえずブログを書こうと思ってから、既に5時間と半分が経過していた。 僕はいつだってブログを書こうと思ってる。僕はいつだってブログを更新しなきゃって思ってる。僕を縛るこ…

マネー

六億円さえあれば、僕の人生はより豊かに、より素敵になっていたというのは紛れもない事実であり、六億円さえあればこんなものと現状から少し目を逸らす。 しかしながら六億円とはとてもたくさんのお金の固まりであり、六億円を持っている人、六億円を自由に…

沈んでいく

僕の人生は、こうだったらより豊かになっていたとか、こうあればより幸せになっていたとか、そういう考えが僕の人生をがんじ搦めにして、僕の身動きを完全に拘束しようとしていく。がんじ搦めにされていなくとも、僕自身はまったく動く気すらないというのに…

異常者を見て苛立ちしか感じない。

インターネットになんか居ないままでよかったなって思える。異常者はせめて異常者を笑って生きるぐらいがちょうどいい。

胃が痛い。

胃に穴が空いたほど僕は頑張っている、とはとても言い難いが、胃に穴が空いたというのも事実であり、そのうち心みたいに空っぽになる。

明日が変るのなら

きっと明日は今日と同じ景色であり、昨日も今日も同じ光景。明日を変えたいのなら今日を変えねばならぬのに、明日が変ってほしいという望みを今日もインターネットに託す。我に返れば、明日が変るのなら僕は何を失ったってかまわないという、まったく検討違…

ひじき

ゲームが好きだから、とか、ゲームを愛しているから、とか、そんな耳当たりの良い言葉ばかり並べても、いくつかの夜が帰ってくるはずもなく、そのことに少しだけ期待している自分を棄てて、また今日もキーボードの打鍵音に削がれていく自分自身。

欠点

悪いのは自分が悪いせいではなく、ビデオゲームの中にある悪さのせいなので、ビデオゲームをするたび自分が悪い方向へと向かって行くのは、自分のせいではないという、これが熟慮を重ねた上での僕の見解。その中に生まれた惨めさでさえ、「ああ、くだらない…

僕が僕について言えるただ一つのこと。

明日は僕が望まなくとも来るという揺らぎない事実に少しだけ安心して、僕が待ち望んでもいない明日を絶望しながら待つ。

ひじき

ひじき

廃墟

あの時こうしてたら、とか、あの時こうだったら、とか、そういった考えのみが僕の脳をぐるぐる回って、いっこうに人生は好転しないし、それどころかどんどんどんどん悪い方向に進んでいく。何にもしていないのに、あるいは何にもしてないからなのか。解が出…

死んだように

世界は僕が思ってるほど悪くは無くて、人生は僕が思ってるほど悪くは無いのだけれど、良くも無いのは僕の努力が足りてないからだし、努力が足りてないのは他の何のせいでもなく、ただ自分のせいにする自分のせいだ。

めっちゃ体調が悪いんだけど、多分懲罰なので頑張って堪えようと思う

僕を現世に引き止めている何かから熱が抜けていく感覚がして、思い残すことは概ねもうないし、希望も概ねもうない。 ふわふわ浮いた気持ちが、概ね魂なんて抜けきった冷たい体を、ふわふわ浮かせて飛んで行った。 風に吹かせられれば消えてしまって、情熱と…

-1

燃えなくなった情熱を、捨てるあてがないので、何時まで経っても踏ん切りがつかないでいる。 火を点せども、直ぐに消え、いたずらに心の傷を広げては、 もう諦めようとお前には無理だと、引導を与えられるのを望みながらその時を待ち。 微かな希望に揺らぎつ…

明日世界が終わるなら

頭痛が酷くて吐き気がする。体調が悪いのでビデオゲームをする日 まず今が体調が悪いっていうのに、明日世界が終わるって言うんだ。それはあまりに残光であまりに無情だ。体調が悪いならぼくはゲームでもしてゆっくりしているべきだし、治ったらまたゲームで…

地獄を見たよ

気が付けば繰り返す日々に意味はなく インターネットはクソッタレで そこにはもう心はない