僕が僕について言えるただ一つのこと。

明日は僕が望まなくとも来るという揺らぎない事実に少しだけ安心して、僕が待ち望んでもいない明日を絶望しながら待つ。