僕の人生にまだ僅かな展望というのが残されているとするなら、どこかに置いてきた夢の残骸を掻き集め、僕は違う、まだ違うと唱えながら今日だってビデオゲームにうつつを抜かす。そんな夢をいつかどこかで見た気がする。僕はまだ夢見ている。