「もう少しやろう」って前を向いた

現実があんまりにも眩しいので、僕は思わず目を瞑ったんだ。

まぶたの裏は暗くって、僕の目はいつ慣れるのだろう。

 

そこに特に、思う事はない。