rankedプレイ日記8/16~17

10勝4敗

 

f:id:sirol:20170817054942p:plain

 

sivir 4/4/8 勝ち

全レーン勝って勝ち

 

ashe 2/6/12 負け

ビルドを間違えてて、味方のpowerspikeが序中盤に寄ってるからIE先からARPenを入れた方がよかった。

要所でクリティカルなアローを何度もミスしてしまって、試合中はずっと僕のミスについて考えてしまった。最後は順当に当たり負けて負け。

asheの練習不足。僕はどうしてもこのキャラクターを上手く動かせない。僕のプレイスタイルとマッチしていない可能性があって、使わない方がいいかもしれない。

 

sivir 6/4/13 勝ち

全レーン勝って勝ち

 

sivir 2/1/2 勝ち

同上

 

janna 0/0/7 勝ち

jannaが強すぎて勝ち。

 

janna 2/0/10 勝ち

同上

 

sivir 20/3/5 勝ち

midとtopがそれぞれ1デッドからスタートして、jgもことごとくcounter-gankされて2デッド。一方botはというと、janna-sivirという当代最強のチャンピョンが取れて10分間タワー下にpushしてリコールするだけのゲームが続いていた。botレーンでキルが発生することなくERまでファームできて、その頃には相手のahriが8/0とかだったので、これはもう駄目かなぁとまで考えていた。僕のコールでtopとbotをswapさせて、CSを稼いだ。こっちの構成だってmaokai annieで個々の当たりは凄く強かったので、全レーンpushして相手をバラけさせ、代わりにjanna+annie or maokaiのどちらか の二人は僕のpushしているレーンに居るように指示を出し続けた。結果僕がキャッチされることもなく、キルでお金を稼ぎ続け、2/8とか2/6になっていたmidレーナーを横目に只管にファームし続けた。結果的にゲームを通して二番目に稼いでいたahri(15k)に対して、僕が20k稼いでいたし、こちらのチームと言うと、midとjgはサポートのjannaよりも稼ぎが低い状況だったので、文字通りの"carry"だったと思う。最後は僕のペンタキルで勝ち。

 

caitlyn 21/9/10 勝ち

topレーンが0/4とかからスタートして、midも負け気味、そんな中botレーンはというと僕が7/1で圧倒的に優位を取っていた。14分でIE,Shivが入ったものの、ireliaは9/0。そこら辺の勘定が上手く出来ず、デスしてしまう場面が何度もあった。ireliaは滅茶苦茶育ってたものの、僕がもうちょっと考えてプレイしてれば3,4デスは減らせたと思う。気が大きくなりすぎた。とは言え30分でフルビルドになったcaitで正しくkiteできれば流石に誰も勝てないので、最後は僕のペンタキルで勝ち。

この試合は僕のミスが多すぎた。そこは死ぬ必要がないよね、という場面が何度も何度もあったと思う。

 

caitlyn 1/8/8 負け

10分地点でmidレーンが1/6。yasuoが全員切り刻んで負け。

 

xayah 5/3/7 勝ち

singed otpっぽい人がTPで走り回って全レーンgankして勝ち

 

sivir 1/0/3 勝ち

全レーン勝って勝ち

 

sivir 9/8/7 負け

相手はfiora shaco yasuo ziggs sonaの完全にno tankの構成。こちらのtank(cho'gath)がcampされて大きく不利。終始相手チーム優位で進み、一応40分で僕がフルビルドになるまでは進んだものの、BT DDを持ってしても4dps構成には為す術がないというやつ。

topレーンこそ不利だったものの、特にどこが負けたから負けたという感じではなく、ああ、僕がもうちょい上手ければなんとかなってたかもなぁと思い、悲しい気持ちになる。圧倒的DPSを前にチームが消滅し、負け。

 

sivir 6/7/4 負け

全レーン負けて負け

 

rakan 2/5/24 勝ち

SoloQで味方にengage手段が無くなるのが何よりも嫌なのでrakan。botレーンは味方のad(sivir)が4/0から始まり大きく有利。一方でソロレーンはどちらも10分地点で3,4回デッドしていて、viktorは5/0。僕はと言えば、ardent->騎士の誓いで、sivirのpeelしか考えてない。そんなビルド。最後は僕がult->Wで始動し、フルビルドのsivirが順当にダメージを出して勝ち。構成の差(engage力の差)というやつ。

 

 

 

 

 

sivirで20/3の試合が鮮烈に記憶に残っていて、自分しか強くないゲームをどう捲っていくか、という所で、本当に良い練習になったと思う。僕のコールがなければ間違いなく勝てない試合だったと思うので、マクロ面が上達したのに気付く。一方でその後のcaitlynの試合は、試合にこそ勝ったものの僕自身はミスの連続で、「今どっちのチームの方が強いのか」という勘定計算が下手な事に気付かされる。今後の課題。